コンポーネントベースの伝達経路解析 (TPA): 未来を見据えた自動車開発の高度なNVH戦略

オンデマンド・ウェビナー | 33 分

測定済みのモジュール型コンポーネントモデルを活用して、車両全体のノイズを予測

コンポーネントベースの伝達経路解析 (TPA)
コンポーネントベースの伝達経路解析 (TPA)

コンポーネントベースの伝達経路解析 (TPA) 技術は、自動車およびその他の業界で急速に普及しています。このウェビナーを視聴して、測定済みのモジュール型コンポーネントモデルを車両全体のノイズ予測に活用するエンジニアリング手法の利点を学びましょう。 

コンポーネントベースのTPAを使用すると、ノイズ源の負荷を、自由速度 / 最大発生力に基づいて独立して特性評価することが可能です。このため、最初の車両プロトタイプを作成する前に、コンポーネントの騒音・振動・ハーシュネス (NVH) 性能を予測することができます。

このウェビナーでは、コンポーネントベースのTPAがどのように役立つかを説明しています。

  • アクティブコンポーネントを、最大発生力に基づいて独立して特性評価
  • 車両のNVH関連の開発サイクルを制御し、時間を大幅に短縮
  • バリアント / 荷重ケースごとにNVH性能を予測

Mostapha Choukri

事業開発シニアマネージャー, Siemens Digital Industries Software