本文へ移動

協調シミュレーションで船舶設計の効率を改善

オンデマンド・ウェビナー

協調シミュレーションで実際のシナリオを解析して燃料効率を最適化

環境への関心が船舶業界に及ぼす影響は、かつてないほど大きくなっています。規制当局や船舶所有者は、排ガスの削減と燃料効率の改善を求めています。燃料効率と船舶の運航を設計プロセス早期に正確に予測できれば、燃料を大幅に削減し、より適切な設計判断を早期に下すことが可能ですが、標準的な船舶の設計およびテストプロセスでは、実際の海洋状況での運航を予測できず、複数の船舶コンポーネントやシステム間の相互作用も把握することができません。

そうした背景から、船舶業界ではシミュレーションが有効な設計手段だという認識は広まりつつあるものの、その機能はまだ十分に活かしきれていません。まずは、3D CFDシミュレーションと1Dシステムシミュレーションの協調シミュレーションによって、船舶設計のデジタル・ツイン作成の第1歩を歩むことで、結果のリアリズムを高め、船舶システム全体を最適化することができます。

このウェビナーの内容

  • 船舶推進装置のサンプルを使用した、1Dと3Dの協調シミュレーションプロセス (疎結合と密結合)
  • 流体力学シミュレーションとシステムシミュレーションを組み合わせることの利点と、そこから得られる深いエンジニアリング知見
  • 船舶設計のデジタル・ツイン作成の次のステップと可能性

今すぐ登録して、現状を把握し、船舶シミュレーションの今後について、熟練ユーザーの意見をお聞きください。

1Dソフトウェアと3Dソフトウェアを使用する協調シミュレーションは、船舶の燃費改善に役立ちます。ウェビナー「協調シミュレーションで船舶の燃料効率を改善」をご覧ください。

学べる内容: