本文へ移動

航空機認証プロセスで高い実績を誇るCFDアプリケーション

オンデマンド・ウェビナー

TLG Aerospaceは、Simcenter STAR-CCM+を使用して、荷重、フラッターおよび品質認証の対応で使用する空力構造モデルの空力特性を生成しています。

新規参入の航空機メーカーや変更を行った企業は、法規制関連の認証の取得を目指す際、関連する法規制を順守していること (コンプライアンス) を証明するよう求められます。コンプライアンスは「テスト」または「解析+解析を検証するテスト」で証明する必要があります。
 
安全運行範囲をすべて網羅する飛行試験を行うことは現実的ではなく安全でもないため、認定プログラムを成功させるには、忠実度の高い完全な機体モデルを開発することが不可欠になります。構造の柔軟性が重要な飛行機の場合、機体モデルの開発には空力と構造の連成ソリューションが必要です。革新的なライセンス戦略とクラウドのHPCによってCFDの堅牢性と精度は向上し、シミュレーションの実行時間は短縮しました。その結果CFDは、コストの高い風洞試験に代わり、認証環境で完全な機体モデルを開発できる有効な手段となりました。
 
TLG Aerospaceは、Simcenter STAR-CCM+を使用して、荷重、フラッターおよび品質認証の対応で使用する空力構造モデルの空力特性を生成しています。このモデルは、最後にテストして検証し、規制要件を満たすことを確認します。
 
TLG Aerospaceは、認証プロセスの他のニッチなCFDアプリケーションについても導入を検討する予定です。