熱性能シミュレーションによって化学反応器の効率を向上

オンデマンド・ウェビナー | 56 分

Simcenter CFDおよびFSIシミュレーションによって化学反応器の運用効率を最大化

化学反応器のCFDシミュレーション
化学反応器のCFDシミュレーション

スループットと処理能力の最大限の向上。これは、トータル運用コストを最小限に抑えるために、化学反応器の設計/解析エンジニアが常に目標としていることです。マルチフィジックスの3D数値流体力学 (CFD) シミュレーションは、複雑なジオメトリ内の流体の流れ、熱伝導、流体の攪拌、流体構造連成 (FSI) など、関連するあらゆる現象をモデリングすることによって反応器の設計を向上させて運用を最適化します。 

このウェビナーでは、Solvayが柔軟性、カスタマイズ性、ロバスト性に優れたSimcenter STAR-CCM+を活用して、機械設計の制約に対処しながら化学反応器の熱性能を向上させ、全体的なスループットと処理能力を向上できた事例を、Nicolas Perret氏 (SolvayのCFDモデリング シニアエンジニア) が紹介します。 

社内でキャリブレーション済みの二相凝縮モデルで実行したシミュレーションによって、凝縮熱流体加熱コイルの性能評価を可能にしました。これらのシミュレーションは、熱性能の向上した加熱コイルシステムの再設計につながる知見をもたらし、バッチ時間を大幅に短縮させました。 

さらに、流体力学的予測と (FSIによる) 機械抵抗計算を組み合わせたことで、Solvayのエンジニアは反応器の処理能力の向上を実証することができました。 

このウェビナーでは、反応器のモデリングの重要な要件と、それに対処するSimcenter STAR-CCM+の機能についても概説しています。

スピーカー:  

  • Dr. Ravi Aglave (シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア、エネルギー&プロセス産業担当ディレクター)
  • Nicolas Perret氏 (Solvay、シニアCFDモデリングエンジニア)
  • David Russ (シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア、プリセールス・ソリューション・コンサルタント)