本文へ移動

呼吸をラクに: 呼吸器系ドラッグ・デリバリーのCFDシミュレーション

オンデマンド・ウェビナー

CFDシミュレーションによって製品パフォーマンスを確定し、医療機器開発の検証プロセスを支援する方法を学びます。

医療機器や医薬品の主要企業は、どのテクノロジーに戦略的投資を行なうか (およびどのテクノロジーを採用するか)の重要性を認識しています。そのため、機器設計から臨床試験、製造プロセスの刷新に至るまで、さまざまな場面でシミュレーションのメソドロジーを統合し始めています。

このウェビナーでは、そのようなシミュレーションについて学びます。Simcenter STAR-CCM+で数値流体力学(CFD)を使って口腔内への薬品投与の仕組みを解析し、吸入器の設計を最適化する実例です。  

Barzin Gavtash博士が呼吸器系ドラッグ・デリバリーでのシミュレーションの最新のトレンド (および使用の増加) を紹介します。このウェビナーに出てくるシミュレーション・モデルは、博士が以前に行ったpMDIの噴霧モデリングに関する研究 (「pMDIスプレーの特性を予測するためのマルチフィジックス論理的アプローチ」) に基づいています。最新の研究では、このケースを発展させ、実際のドラッグ・デリバリーを解析しています。   

ウェビナーでは、このようなシミュレーションを可能にしている主要なテクノロジーも取り上げます。主な内容は次のとおりです。 

  • ジオメトリの処理とメッシュ生成 (ジオメトリはマテリアライズが提供)
  • モデル設定
  • シミュレーション解析
  • 設計の探索

吸入器設計または呼吸器系ドラッグ・デリバリーのバイオメディカル/機械エンジニア、またはエンジニアリング・マネージャーの皆さまには、見逃せないウェビナーです。

講演者:

  • Barzin Gavtash氏、研究開発機械エンジニア - KTPアソシエート (ラフバラー大学および3M UK PLC)
  • Thomas Eppinger、テクニカルスペシャリスト - 化学プロセス産業および反応工学 (シーメンスPLMソフトウェア)
  • Prasanna Venuvanalingam、アドバンスドCFDアプリケーションエンジニア (シーメンスPLMソフトウェア)
  • Kristian Debus、医療機器・家電・白物家電インダストリーマネージャー (シーメンスPLMソフトウェア)