反応工学を加速: プロセスモデリングとCFD & DEMの統合

オンデマンド・ウェビナー

SimcenterのマルチフィジックスCFD/DEMシミュレーションによって、化学反応炉の運用効率を最大化

化学反応炉の設計で常に目指すべきは、反応効率と収率を最大化させつつ、原材料の消費、エネルギー、汚染物質/副産物を最小化することで、総運用コストを最小限に抑えることです。マルチフィジックスの3D数値流体力学 (CFD) シミュレーションは、複雑なジオメトリ内の流体の流れ、熱伝導、表面とバルクの相互作用、粒子相互作用など、関連するあらゆる現象をモデリングすることによって反応炉の設計を向上させて運用を最適化します。

このウェビナーではThomas Eppinger, Dipl.-Ing. (シーメンスDI) と Nico Jurtz, Dipl.-Ing.(TU Berlin) が、反応工学の設計、検証、拡張に高度なシミュレーション手法 (SimcenterのCFDと離散要素法を含む) をどのように適用するかを説明します。

学べる内容:

  • 分散シミュレーションおよび滞留時間解析
  • 反応炉と単位操作解析にCFDシミュレーションとプロセスモデリングツールを活用する方法