CAEの車両構造解析プロセスを加速させる

オンデマンド・ウェビナー | 46 分

CADモデルをCAE向けに準備し、製品パフォーマンスを仮想で調査できる、単一の統合プラットフォーム

CAEの車両構造解析プロセス

シャーシ、車体、および車両全体を軽量化する一方で、車両の強度や耐久性も向上させ、バランスをとることをめざして、CAEエンジニアリングチームは設計しています。

ところが、現在の3Dシミュレーションプロセスは、あまりにも時間がかかります。CADからCAEへのモデル変換は通常、手作業で行われており、それゆえにミスが起こりがちです。これは非効率なだけでなく、非常に複雑な作業です。例えば、ホワイトボディのCADコンポーネントが250個あった場合、さまざまな解析用としてコンポーネントごとに複数のメッシュが生成されるため、最終的なCAE FEMモデルは1000個以上に達します。構造解析のプロセス自体も、モデルの準備と同じくらい労力がかかります。ソルバーの速さと精度は両立が難しく、線形や非線形、静的や動的、運動学的など、それぞれのエキスパートの力が必要です。

「解析エンジニアの時間の30%は情報の検索や提供に使われていた。さらに、32%は話し合いや会議に費やされていた」とのことですが、それも当然です。ロールスロイス

Simcenter 3DのCAEソリューションがあれば、妥協する必要はありません。単一の統合プラットフォームでCADとCAE、データ管理と最適化が実行され、迅速な3Dシミュレーションプロセスと、計算性能、精度、信頼性、および拡張性においてトップクラスのFEAソルバーが提供されます。

学べる内容:

  • 単一の統合プラットフォームで、モデルをCADからCAE向けに準備する方法
  • 構造解析を実行し、あらゆる動作条件において製品パフォーマンスを仮想で調査する方法
  • ホワイトボディやフルビークルモデルなどの大規模な組み立てに対応する方法
  • 統合されたトポロジ最適化と、複合材などの先進的な素材を活用し、より軽量でありながら、強いコンポーネントを開発する方法

スピーカーについて

Benoit Magneville

ビジネス開発マネージャー - Simcenter 3Dソリューション, Siemens Digital Industries Software