本文へ移動

複数分野間のBOM管理の製品イノベーションを最適化する戦略

オンデマンド・ウェビナー

機械、電気、ソフトウェアと複数分野間のBOM管理を連携させることで、部品管理の精度と製造工程への引き渡しを向上させます。

機械コンポーネント、電気コンポーネント、ソフトウェアコンポーネントが関わる複雑な製品では、BOMの情報を最新に保つことが困難になる場合があります。不正確で不完全なBOMでは、必要なすべての関係者に製品の構成およびすべてのバリエーションを提供することができません。
 
複数分野間のBOM管理は、エンジニアリングと製造とのシームレスな結び付きを確保することによって、製品イノベーションを確実に進めます。すべての分野のプロジェクト、パーツ、コンポーネントを含む全体の製品BOMは、設計判断に必要な製品上の知見を提供します。
 
このウェビナーをご覧になると、Teamcenter製品ライフサイクル管理 (PLM) ソフトウェアが、マルチタスクBOM管理を提供するために、世界トップクラスのMCAD、ECAD、およびソフトウェア開発ツール、データ、プロセスに対する迅速なサポートをどのように提供するかを理解できます。 エンジニアリングと製造間の橋渡しをするために、Teamcenterをエンタープライズリソースプランニング (ERP) や製造実行システム (MES) などの他のエンタープライズアプリケーションとどのように容易に統合できるかについて説明します。