本文へ移動

車体剛性の目標設定プロセスを導入し、操安性を向上させる

オンデマンド・ウェビナー

車体設計プロセスを最適化し、操安性を向上させる

車体剛性の設計変更に影響される操安性能を完全に解析する。

操安性の車体目標設定プロセスを導入するには、車体/車両レベルでの車体剛性の設計変更を客観的に定量化することが必要です。このウェビナーでは、非常に重要な車体特性を定義し、客観的な指標と主観的なドライバーの感覚や知覚を関連付ける方法を紹介します。その中で、コストと車両重量を削減させながらも、構造剛性を中心にした車両特性のバランスを取ることができます。

  • 車両目標設定プロセスを確立し、最適な操安性を実現しながら、剛性と軽量化の要件のバランスを取る
  • 車体剛性の設計変更がどのように軌道性能に影響するかを客観的に定量化する
  • 車両構造設計にかかる時間と開発費を削減する