予測型エンジニアリング解析とインテリジェントなシミュレーションプラットフォーム

オンデマンド・ウェビナー | 42 分

産業機械の生産性とエネルギー効率を両立

スマートで高性能の製造工場で仮想モデルを調べているエンジニア
スマートで高性能の製造工場で仮想モデルを調べているエンジニア

産業機械が直面している新たな課題を克服するには、産業システムや産業機械の開発プロセスを進化させる必要があります。競争の激しいグローバル市場にあって、産業機械の生産性を継続的に高めつつ、エネルギー消費の効率化を図らねばなりません。

このウェビナーでは、機械メーカーがデジタルツールを活用してシステムシミュレーションを実行することで、全体的な開発時間と産業機械のコストをいかに削減するか、それが製品の短期出荷と競争優位性の確保にどう役立つかを説明します。

イノベーションに不可欠な予測型エンジニアリング解析とシミュレーション駆動型設計

生産性、機械精度、信頼性、効率性のバランスを維持することがこれほど重視されることはかつてありませんでした。機械メーカー各社は、開発時間とコストを短縮するイノベーションで凌ぎを削っています。その結果、高い製造速度を発揮する革新的なマルチドメイン・システムの開発が求められています。予測型エンジニアリング解析とシミュレーションを取り入れることで、複数のサブシステムを最適化して性能目標を達成する、または上回ることが可能です。

マルチドメイン・システムのサイジングと全体的な改良

シーメンスのIntelligent Performance Engineeringは、機械のデジタル・ツインを作成する機能があり、マルチドメイン・システムを仮想的に評価し、電気機械システムの性能を最適化するツールを提供します。マルチフィジックスのライブラリを使用すると迅速にモデルを作製し、高精度の解析を行って全体的なシステム性能を向上できます。

システムの最適化と機械信頼性の確保

このウェビナーを視聴すると、Intelligent Performance Engineeringソリューションで性能目標を達成、または上回る方法を学べます。

  • マルチドメイン・システムをサイジング
  • PLCプログラムを検証および校正
  • 低燃費の機械を開発