マルチレベルモデリングによるバッテリーの熱管理システム設計とアーキテクチャの最適化

オンデマンド・ウェビナー | 54 分

シミュレーションを最大限に活用し、コスト、航続距離、快適性、および耐久性のバランスをとりつつ、最高の安全性を実現しましょう。

バッテリーの熱管理システム設計のモデリング
バッテリーの熱管理システム設計のモデリング

バッテリーの最適な熱管理システム設計とアーキテクチャのエンジニアリングを、コスト、航続距離、熱的快適性、および耐久性のバランスを取りつつ行うことは、非常に重要な仕事です。判断の際には、熱的安全性と、それが耐久性に及ぼす重要な影響だけでなく、航続距離やパフォーマンス、さらにはキャビンの快適性とバッテリー温度を考慮する必要があります。マルチレベルモデリングとマルチフィジックスシミュレーションは、アーキテクチャ設計が主要なパフォーマンス属性に与える影響を評価し、制御方式の妥当性を予測するために、中心的な役割を果たすようになりました。

このウェビナーでは、PSA Peugeot CitroenのAngelo Greco氏とシーメンスのThomas Desbaratsが、マルチフィジックス / マルチスケールシミュレーションのアプローチによって、エンジニアがバッテリーの最適で安全な熱管理システム設計を実現する方法についてご紹介します。

学べる内容:

  • マルチフィジックス / マルチドメイン / マルチスケールのモデリングアプローチを実行し、それぞれの解析タイプに適したモデルを使用する方法
  • バッテリーの熱管理アーキテクチャが、航続距離、快適性、安全性、および耐久性などの主要なパフォーマンス属性に与える影響を調査する方法
  • バッテリー管理システムと制御方式を、3Dシミュレーションの細かさと1Dシミュレーションの多機能性を組み合わせて最適化する方法