バッテリー充電を最適化する

オンデマンド・ウェビナー | 47 分

バッテリーの寿命を考慮したシミュレーションにより、バッテリーの充電速度を向上

バッテリー充電を最適化するための複数設計領域のシミュレーション
バッテリー充電を最適化するための複数設計領域のシミュレーション

2019年は電気自動車にとって節目の年です。大手OEMがEVレースに参戦する一方、消費者も電気自動車はもはや一時的な流行ではなく、毎日の乗り物として主要な選択肢だと考えるようになってきました。EVの性能、維持費、航続距離を疑問視する声はすでに過去のものです。消費者の関心はいまや、長距離ドライブ中にEVをどれくらい早く充電できるかに移っています。

高速の充電機能を提案し、バッテリー充電制御を最適化することに加え、バッテリーパックの熱を管理し、電池の早期劣化を防止することもエンジニアは求められています。最終的な目標はこうした属性のバランスをうまくとることです。

このウェビナーでは、高速充電シナリオにおける感度解析のためのシステム・シミュレーションをデモ形式でご覧いただいたのち、セルの電気化学モデリングについて説明します。続いて、セル形状設計の最適化を実行し、充電速度、電池の温度、バッテリー劣化の最適な妥協点を探ります。

学べる内容: 

  • システム・シミュレーションを活用してバッテリーパック要件を定義 
  • 高速充電シナリオに向けて、セルの形状を最適化 
  • 最適化したセルと同等のモデルをシステム・シミュレーションに取り込み

講演者:

Lionel Broglia

事業開発マネージャー, Siemens Digital Industries Software

Gaëtan Damblanc

パワートレイン電化 製品マネージャー, Siemens Digital Industries Software

Gaëtan氏は、バッテリーのモデリング、電気装置と電磁装置の設計など、将来のxEVに必要とされるソリューションの開発を支援しています。また、これらのソリューションの最良事例を広く周知する役目も担っています。かつてはSimcenterのバッテリー技術スペシャリストでした。