本文へ移動

BAR Technologies: 船舶イノベーション「海上編」

オンデマンド・ウェビナー | 36 分

レーシングヨットの技術でレーシング船以外の船舶の性能を向上

BAR Technologies:  最先端船舶の科学と設計「海上編」

これは、BAR Technologiesの最先端の船舶イノベーションを紹介するウェビナーシリーズ全3回の1回目です。

「海上編」では、アメリカズカップで習得したフォイリング、シミュレーション、最適化の技術をレーシング船以外の船舶に適用して、船体の性能を向上させたBAR Technologiesの事例を紹介します。

「水面を飛ぶ」フォイリング技術で優れた船体性能を実現

ヨットレースの頂点であるアメリカズカップレースで注目を集めているのが、完全フォイリングの技術です。BAR Technologiesはこの技術をさらに発展させ、フォイリングに最適化された安定化システム、FOSSを発売しました。燃料消費を減らすことで船体の効率を向上し、前後左右の揺れを減衰させることで凌波性を大幅に改善します。

FOSSを使用すると、ヨットなどのレジャーボートの感触や乗り心地が改善してよりダイナミックかつスポーティになるだけでなく、燃料効率も改善します。まるで海上版の「高性能4輪駆動」です!

FOSSは、Princess R35で使用されて高い評価を得ています。また、風力タービンなどのオフショアプラットフォームへの乗員輸送に使用する、BAR Technologiesの最先端、高効率船舶にも使用されています。

このウェビナーでは次の内容を学びます。

  • 元のFOSS設計の最適化とその後の反復作業で、設計とエンジニアリングの統合アプローチはどのように役立ったか。
  • BAR Technologiesは、包括的なデジタル・ツインをどのように使用して、非常に複雑なシステムの課題を克服したのか。

このウェビナーでは次の画像等もご覧いただけます。

  • BAR Technologiesの乗員輸送船の3D表現
  • BAR Technologiesの乗員輸送船の3D動画とVR
 

ゲストスピーカー:

Simon Schofield

最高技術責任者, BAR Technologies

サイモン・スコフィールド氏は、BAR Technologiesの最高技術責任者であり、複数のアメリカズカップ、ボルボオーシャンレースなどのグランプリヨットレースで実績をあげているベテランです。最近では、2016年以来英国代表としてアメリカズカップに参戦しているBARランドローバーの設計 / エンジニアリングの責任者を務めています。

ご質問はありますか?