本文へ移動

航空電子機器の冷却システムの設計判断を前倒しで行う

オンデマンド・ウェビナー | 24 分

より高精度な1D / 3D CFDシミュレーションを設計サイクルの初期に行い、航空電子機器の冷却システムのパフォーマンスが向上

航空電子機器の冷却システム

今日の航空機エンジニアリング部門は、かつてないほど複雑なシステムおよびシステム・オブ・システムズの問題に直面しています。航空電子機器の冷却システムがどのようなパフォーマンスをするのか、設計の初期段階で詳しい知見を得ることで、最大限のパフォーマンスと信頼性を実現し、コストを最低限に抑えられます。

CAD組み込みシミュレーションツールは、CFDを前倒しすることによって、解析を誰もが実行できるものへと大きく変化させました。CAD組み込み型ツールでは、設計プロセスの早い段階にCFDシミュレーションが行われるため、設計エンジニアが設計案の動作を自分で把握することができます。1D/3Dワークフローでシステム全体をモデリングすることによって、ユーザーは現実的なミッションプロファイルに関する知見を得られます。このウェビナーでは、1Dシステムシミュレーションと3D CFDシミュレーションを組み合わせることにより、それぞれの強みを生かして、航空電子機器冷却システムの精度を向上させた事例をご紹介します。

学べる内容:

  • 1Dシステムシミュレーションと3D CFDシミュレーションの連成方法
  • 複数の次元空間で異なるタイプの連成の知見を得る方法
  • 航空電子機器の冷却における、これらの連成のメリットとデメリット
ご質問はありますか?