本文へ移動

フラッター抑制プロセスをスピードアップし、航空機認証プロセスの効率を高める

オンデマンド・ウェビナー

空力弾性解析およびフライト・フラッター試験は、航空機の耐空性評価の中心となる、重要な項目です。飛行試験データを効率的に処理し、航空機の構造力学に関する深い知見を得る方法について学びます。

ゲストスピーカー: AeroFEM GmbHのArne Vollan氏

航空機製造企業が認証を目指す際、耐空性の関連規則を順守していることを証明するよう求められます。フラッターなどの空力弾性不安定現象は、航空機開発、および民間航空機の設計を管轄している耐空性基準に重大な影響があります。さらに、飛行エンベロープのコーナーを対象にした飛行試験はリスクを伴いますので、効率がよく、信頼できるフラッター予測を行うためには、数値解析から確実な結果を得ることが必要です。

このオンデマンド・ウェビナーでは、一般的な航空機でよくある認証のケースを取り上げ、FARの23.629および25.629の一部に規定された空力弾性耐空性を順守している証明に使用した、解析と試験のプロセスを紹介しています。

学べる内容:

  • 市販のソリューションを使ってフライト・フラッター試験を改善し、固有振動数や、減衰、モード形状を正確に抽出する方法
  • 飛行エンベロープおよび高精度なフラッター予測を定義するためのさまざまなソリューション (静的空力弾性、フラッター解析、動的空力弾性)
  • 自社の手法に合わせて工程を調整する方法