本文へ移動

自動運転車の機能に不可欠なハードウェア/ソフトウェアの開発を加速

オンデマンド・ウェビナー

Sense-Think-Act (認知、判断、操作) ハードウェア/ソフトウェアの開発を合理化

自動運転車が一般に受け入れられて普及する鍵となる重要な要素が「安全」であることは間違いありません。自動運転車に固有の複雑さは、解析するデータの多様性と、高度な制御/アルゴリズム設計に由来します。このためセンサーの情報を統合して管理し、適切な応答を即座に提供できる能力が重要になります。大規模な検証/妥当性確認を行う必要があるため、142億キロメートルのテストもできる包括的なシミュレーション/テスト・フレームワークを実装することが不可欠です。

このウェブセミナーでは、Sense-Think-Act (認知、判断、操作) ハードウェア/ソフトウェアの開発を合理化するツールと手法を紹介し、次のポイントを説明します。

  • 商業的に採算の合う自動運転車の自動機能に不可欠なハードウェア/ソフトウェアを設計、検証、統合して迅速に市場へ導入する方法
  • 仮想世界と物理世界の橋渡しをするリアルタイムの「デジタル・ツイン」フレームワークを使用してコンポーネントを設計し、システムを統合して検証する方法
  • 製品開発の初期段階から複数分野にまたがるシステムエンジニアリングとシミュレーションを行って、コストのかかる終盤での変更を回避する方法

講演者について: Puneet Sinha
Puneet Sinhaは、シーメンスPLMソフトウェア、メカニカル・アナリシス部門のオートモーティブマネージャーです。シーメンス入社以前には、ゼネラルモーターズのグローバル研究開発チームのリーダーとして、燃料電池車やバッテリー電気自動車のさまざまな問題を解決しました。また、リチウムイオンバッテリーメーカー、Saftでも実績を積んでいます。Puneetは、ペンシルバニア州立大学で機械工学の博士号を取得。20以上の論文を執筆し、燃料電池やバッテリーシステムの設計、運用戦略に関する7つの特許を取得しています。