自動車の内装: タイヤの付いたリビングルームで他社とは違う移動体験

オンデマンド・ウェビナー | 50 分

このウェビナーでは、自動車業界のあり方を変える自動車内装の役割に触れながら、すでに起こっているいくつかの変化を事例とともに紹介します。

自動車の内装

今日、自動車企業は移動サービス企業へと急速な変化を遂げてきました。交通システムを差別化するうえで、車体の外装よりも内装の重要性が増しています。

Adient Innovation 2019 (AI-19) で発表されたデモ車両は、あたかも自宅にいるような快適性能を装備した内装の素晴らしい例です。

内装を手掛けるスタイリストもエンジニア同様、このような将来志向の設計を実現するための課題に直面しています。こちらのウェビナーでは、未来志向の内装設計コンセプトを簡単に設計、検証し、スタイル、製造性、コストの目標をシーメンスのソリューションで達成する方法をご紹介します。

主な内容

  • 自動車の製造から移動サービスの提供企業へと生まれ変わろうとしている自動車企業がブランドの差別化を図るためには、他社にはない楽しい車内体験の提供が必要であること
  • 自動運転カーシェアアプリケーション向けの自動車内装であり、かつてないレベルの未来志向の快適機能をすべて備えたAdient Innovation 2019 (AI-19) の紹介
  • この未来志向の車室内体験が現実のものとなりつつあるなか、エンジニアリング、スタイリング、コスト、生産性の観点を考慮して、ユニークな内装を迅速に設計、検証するツールの必要性

本ウェビナーは次の方にお勧めです。

  • 未来の自動車内装に関心をお持ちのすべての方。自動車関連の管理職の方、自動車エンジニアリングVP、トリムエンジニアリングマネージャー、価格 / 購買担当マネージャー、トリム製造マネージャー

講演者:

Edward Bernardon

自動車戦略的イニシアチブ担当バイスプレジデント, Siemens Digital Industries Software

John Gomez

最先端設計マネージャー, Adient

Marc Attar

製品マネージャー, Siemens Digital Industries Software