自律走行搬送ロボット (AMR) と無人搬送車 (AGV) の設計

オンデマンド・ウェビナー

自律走行搬送ロボット (AMR) / 無人搬送車 (AGV) メーカーが見逃せない6つの柱

Simcenter Amesimを使用して無人搬送車 (AGV) / 自律走行搬送ロボット (AMR) を開発

無人搬送車 (AGV) / 自律走行搬送ロボット (AMR) は、柔軟性、生産性、操作性、安全性を約束すると同時に、業界、倉庫、フルフィルメントセンター、および民生用 / 家庭用アプリケーションのオペレーションコストを最小限に抑えます。

一方、さまざまな環境や運転スペースのニーズに合わせてカスタマイズできるAGVの開発は、コストのかかる複雑なプロセスとなっています。AGV / AMRの相手先ブランド供給 (OEM) は、自律システムの複雑な性質と、物理ハードウェア / 制御アルゴリズムの緊密な統合により生ずる、複数のエンジニアリング課題に直面しています。柔軟性と拡張性に優れたAGV / AMRを実現するには、設計時に自動化、エネルギー管理、環境、センサー、オペレーションに関する知識を緊密に統合する必要があります。

システムエンジニアリングに関するこのウェビナーを視聴して、AGV / AMRの成功に欠かせない6つの柱について確認しましょう。

学べる内容:

  • システムエンジニアリングの原則に基づいて、AGV / AMRシステムの開発時間とコストを削減する
  • 安定性を損なうことなく、速度、セルフステアリング、操舵性の限界を克服する
  • 仮想AIドライブエージェントと効果的な制御検証を活用する
  • 車両の性能属性 (速度、負荷、安定性) のバランスを取る
  • 工場環境内でロボットを統合し、マテハンシステムに接続する

移動ロボットの自律性と充電の課題を解決する

無人搬送車や自律走行搬送ロボットなどの最新の移動ロボットは、バッテリーで動作する電動車両です。安定したスループットを維持するには、車両の自律性の効率的な管理と充電戦略が重要です。

大手AGV / AMRメーカーは、システム・シミュレーション・ソフトウェアを活用し、作業サイクル中に実際の車両の負荷と速度を使用してバッテリーの性能を予測しています。このウェビナーを視聴して、どのパラメーターがロボットの自律性と放電に影響を及ぼすのかを学びましょう。

AGV / AMRの安定性、速度、制御を最適化

AGV / AMRの速度を上げると、車両の安定性や操作制御に直接の影響が及びます。システム・シミュレーション・ソフトウェアを使用すると、プロトタイプを作成する前に、複数のシナリオ (軌道の形、速度などの変更) を評価することができます。このウェビナーを視聴し、シミュレーションで得た知見を活用してAGV / AMRの安定性、速度、制御を最適化する方法を学びましょう。

AGV / AMRの仮想コミッショニングと制御検証

AGV / AMRのデジタル・モックアップを使った仮想コミッショニングにより、リスクのない環境で制御戦略を構築することができます。デジタル・モデルに実際のセンサーから入力したデータを組み合わせることでAGVを監視できるため、予知保全も可能になります。

仮想コミッショニングの技術を使用すると、高価で時間のかかる実機テストに頼ることなく、設計の初期段階から制御を仮想で検証できるため、機械、ソフトウェア、E/E、ハードウェアの同時設計が実現します。このウェビナーに登録して、仮想コミッショニング技術の詳細をご確認ください。