デジタル・マシン・ショップ: CAMソフトウェアの自動化で生産性を向上

オンデマンド・ウェビナー

次世代の部品製造効率を今すぐ実現

CAMソフトウェアの自動化

このウェビナーは、CAD/CAM (コンピューター支援設計 / 製造) タスクの自動化に焦点を当てながら、部品製造開発プロセスを自動化する利点を紹介します。

スタートアップ企業からグローバル企業まで、製造業では高度な自動化によって、全体的なオペレーション効率を次のように向上することができます。

  • 部品製造プロセスの開発を加速
  • ベストプラクティス手法を取り入れ、再利用
  • 自動化したルールベース手法で最適なツールパスを素早く作成

このウェビナーを視聴すると、シーメンスのNX CAD/CAMソフトウェアをメーカーが使うことで、エンド・ツー・エンドの製造プロセスを接続、自動化、加速して、より高品質の部品を素早く製造する方法を学べます。

CAM自動化について紹介するこのウェビナーで学べる内容

  • 製造アセンブリの作成を自動化し、機械加工のセットアップ全体を記述
  • プログラムの利用に先立ってセットアップ図面のドキュメント生成を簡素化
  • 治具や工作物保持具の詳細モデルを作成
  • 仕掛品 (IPW) の正確な状態を使って最適な切削加工を生成
  • マシンショップ用の完全ドキュメントをCAM環境から直接出力
  • NX CAMに統合されたGコード駆動のマシンシミュレーションを利用

1つの包括的なCAMソフトウェアで効率化

1つのCAMソフトウェアであらゆるCADモデルを準備し、あらゆるジョブをプログラミングできます。NX CAMは、包括的な部品モデル準備とNCプログラミングの機能を1つのシステムで提供します。これにより、一貫した3Dモデル、データ、プロセスが使用できるようになり、デジタル・スレッドによって計画と工場オペレーションがシームレスに結び付けられます。

強力なアプリケーション固有のツールを使用して、サイクルタイムを短縮しながら、NCプログラミングを効率化、自動化できます。2.5軸の機械加工や金型製造から、同時5軸ミル加工や大量生産まで、NXを活用すると、1つのCAMソフトウェアでより優れた部品を迅速に製造できます。

JK Machining: 自動化によって競争力を維持

ミシガン州を拠点とするJK Machiningは、100万を超すサイクルに耐えられるように設計された大量生産用のクラス101の金型を中心に扱っています。同社の自動車および医療業界の顧客は、高い品質と厳しい公差、迅速な納品、妥当なコストを求めます。

JK Machiningはこれまで、金型設計と製造には別々のソフトウェアシステムを使用していましたが、設計から製造への移行に多くのデータを転送させるため、余計な手順を要し、その過程でエラーを発生させていました。また、避けられない (しかも頻繁に生じる) 設計変更の処理も複雑でした。

そこで、いくつかの重要な基準に基づいて評価した結果、NXの導入を決めました。NXのCADツールには、顧客のモデルを扱える強力な機能が備わっています。NCプログラミングでは、NX CAMの最先端の高速5軸加工機能によって、高度な工作機械を十分に活かすことができました。また、各種機能を完全に統合したNXには、金型の設計から製造にいたるプロセス全体を自動化する機能が提供されています。