Autodesk Inventor、AutoCADのPDMの極意とは

オンデマンド・ウェビナー | 25 分

Autodesk設計ファイルの検索や整理、共有に時間を浪費すると、エンジニアリングの生産性が低下します。設計者の貴重な時間と能力は、製品の設計に費やすべきです。このウェビナーに参加して、MCADユーザーとも非MCADユーザーとも簡単に共有できる使いやすい製品データ管理 (PDM) ソフトウェアであるAutodesk InventorとAutoCADをご覧ください。機械設計領域と電子設計領域の統合により、エンジニアリングから製造までの製品開発全体を可視化します。貴重な時間をデータの検索に費やす代わりに、設計の再利用と最適化に専念できるため、コストを削減し、製品のイノベーションを促進することができます。

AutoCADとInventorを連携させるPDMソフトウェアの利点

  • アクセス権とデータの制御により、IPを保護
  • 設計の再利用を促す効率的な検索
  • 製品開発とエンジニアリングの生産性を向上
  • 複数のチーム間でデータを共有し、マルチCAD設計の連携を推進

CAD連携ソフトウェアを使用して80%のデータ管理工数を削減したT.RAD

T.RADのかつてのシステムとプロセスは既存の設計データを再利用できない非効率なものでした。このためT.RADは、CAD連携ソフトウェアのTeamcenter Rapid Startを採用しました。これは、世界で最も広く利用されている製品ライフサイクル管理 (PLM) ソフトウェア導入をスムーズに進めるための事前構成済みオプションです。コスト効果の高い方法で素早く製造を立ち上げることができます。この使いやすい直感的なシステムのおかげで、機械系CADと電気系CADの両方で製品データとプロセスを適切に制御できるようになり、データ管理の時間が80%削減しました。

InventorとAutoCAD PDMを使用して、短時間で高いコスト効率で製造を立ち上げ

合理的な製品開発プロセスの極意を紐解きます。どの設計ツール (Autodesk Inventor、AutoCAD、その他いかなる機械 / 電子機器設計ツール) を使用していても、Teamcenter Rapid Startを迅速にコスト効率良く展開することができます。最小限のITリソースと投資で容易に管理できる、使いやすいソフトウェアです。さまざまなアプリケーションや場所に存在する設計データを単一の安全なシステムへと集約することで、関係者全員がデータを簡単に検索して再利用することができます。Teamcenterは、InventorやAutoCAD、任意のWebブラウザーから使用可能です。