優れた航空機を設計: シミュレーションを活用した熱管理対策

オンデマンド・ウェビナー | 35 分

Simcenter Amesimを活用して、初期段階のシステムサイジングから設計の完全統合に至るまで、熱・油圧システムの性能を正確に予測・検証したエアバス・ヘリコプターズ

Simcenter Amesimを使って航空機の熱管理対策を定義するエアバス・ヘリコプターズ
Simcenter Amesimを使って航空機の熱管理対策を定義するエアバス・ヘリコプターズ

ゲストスピーカー: エアバス・ヘリコプターズ

Benoit Genot氏: 油圧およびフライトコントロール・エンジニア

Jean-Baptiste Lopez-Velasco氏: 熱管理エキスパート

航空機の統合シミュレーションモデルが改善したことにより、航空機全体の熱のバランスを始め、統合したシステムの性能を解析することが可能になりました。航空機の熱管理が向上したことで、エンジニアリングチームは設計プロセスの早い段階で航空機のアーキテクチャに関する重要な決定を下すことができます。

航空機システムの電化や、電気 / ハイブリッド推進、高度な複合材の使用など、航空機設計の新たなトレンドには、こうした熱管理が欠かせません。航空機のミッション全体で熱バランスに関する知見を得るには、複雑なシステムの相互作用を詳細に理解する必要があります。ECS (環境制御システム) の設計を手掛ける航空機インテグレーターは、新たな熱遮断対策によってシステムの安全性と乗客の快適性を確保することが求められます。

以下に示すように、初期段階で航空機の熱管理シミュレーションを用いることで、航空機の熱バランスを保つための対策を評価することができます。

  • 燃料をヒートシンクとして使用
  • ECS設計の属性間のバランスを検証
  • 航空機全体の熱管理を評価