超音速機の設計におけるモデルベース・システム・エンジニアリング (MBSE)

オンデマンド・ウェビナー | 62 分

デジタル・ツイン技術とモデルベース・システム・エンジニアリングを組み合わせて、航空機設計の複雑さに対処

超音速ジェット機の機体設計にデジタル・ツインとモデルベース・システム・エンジニアリングを活用
超音速ジェット機の機体設計にデジタル・ツインとモデルベース・システム・エンジニアリングを活用

航空宇宙・防衛 (A&D) 産業では、電気飛行機や空飛ぶタクシー、宇宙旅行、超音速飛行といった産業イノベーションが起こる日が来るとは、かつては考えられませんでした。それが今では、現実となりつつあります。以前は突飛なアイデアだと思われていたことが、デジタル・トランスフォーメーションに取り組む企業によって実現されつつあります。このウェビナーでは、モデルベース・システム・エンジニアリング (MBSE) により、どのようにエンジニアリングの課題に対処し、新たな高みへと飛躍できるかを説明します。

ユーザー事例: 航空機設計におけるデジタル・ツインとMBSEの役割

デジタル・ツインを活用して超音速ジェット機を設計・製造したチームのデジタルへの取り組みを探り、その過程で直面したエンジニアリング上の課題や今後の方向性について話を聞いてみましょう。

このウェビナーで学習する内容:

  • 多くのサプライヤーが関わる複雑な開発環境でAerionが使用しているソリューション
  • Aerionが直面している設計課題について、また同社が航空機設計にデジタル・ツインをどう活用しているか
  • デジタル・ツインがAerionにもたらす価値
  • モデルベース・システム・エンジニアリング (MBSE) が航空宇宙関連産業の製品をいかに迅速に実現させるか

包括的なデジタル・ツインとMBSEを備える航空機設計向けクローズドループ・プラットフォーム

MBSEとデジタル・ツイン技術を組み合わせたインテリジェントで協調的なコミュニケーションにより、異なるエンジニアリング領域間のデータ交換と、継続的なデータ収集が可能になります。アイデアから運用まで対応する包括的なデータモデルを構築する方法を学びましょう。デジタライゼーションは、市場投入期間を短縮し、柔軟性と効率性を高めます。これにより、企業はグローバル市場の不安定性や多様性にうまく対応し、生産性を向上させることができます。