航空機の開発サイクル全体を通じて客室快適性を考慮しながら設計することで時間とコストを削減

オンデマンド・ウェビナー

航空機プログラム全体を通じて熱や振動、音響の快適性といった設計要件に対処して、期待する性能を達成しながらその他の目標とのバランスを保つ

ますます競争の激化する航空機業界では、最新の航空機デザインは高い品質と乗客の快適性を備えていなければなりません。トラブルシューティングや対処の遅れはプログラムの遅延や法外なコストを招くことになります。したがって、熱や振動、音響の快適性といった設計要件は航空機プログラム全体で対処して、期待する性能を達成すると同時に、機体重量などその他相反する目標とのバランスも保つ必要があります。

学べる内容:

  • システム全体のターゲット・カスケード手法を使って、最初から個々のパフォーマンス・ターゲットを設定することによって、終盤での変更やコストのかかる修正処置を回避
  • マルチスケール (1D/3D) シミュレーションとマルチ属性 (流体、熱、振動音響) シミュレーションを組み合わせて品質や乗客の快適性などの機内要件をより迅速に達成
  • 迅速で正確なトラブルシューティングにより飛行試験時間を短縮