本文へ移動

航空宇宙サ航空宇宙および防衛産業のサプライチェーンはプライチェーンの製品開発の課題を克服

オンデマンド・ウェビナー

迅速で柔軟な製品開発によってOEMの要求に対処

航空宇宙産業のサプライヤーは、OEMからのさらなるコスト圧力、プロジェクト納期の短縮、厳格化する業界規制など、かつてない製品開発課題に世界規模で対応することを迫られています。

このウェビナーを視聴すると、以下の方法を学ぶことができます。

  • 製品のデジタル・ツインを作成および参照する
  • 設計を最適化して顧客の要求を満たす
  • 仮想プロトタイプを使用して設計案の妥当性を評価する

航空宇宙および防衛産業のサプライチェーンは、次に示す数々の圧力を受けて変化を余儀なくされています。

  • 資金不足と競争の激化: 開発予算は縮小の一途を辿り、開発プログラムの数と規模が小さくなっています。ビジネスを勝ち取るため、サプライヤーは、攻めの条件を提示し、厳しいスケジュールや不透明な要件仕様であっても対応できると明言しなければなりません。結果としてTier2サプライヤーやTier3サプライヤーにしわ寄せが行くことになります。ひとたび予想外の出費、遅延ペナルティ、規制遵守違反の罰則が発生すれば、収益性はいとも簡単に削られてしまいます。
  • 高まる複雑化: 10年以上前は、Tier2サプライヤーとTier3サプライヤーが部品の委託製造をほぼ独占していました。しかし今日、OEMは元請業者やTier1サプライヤーに重要な大規模システムを委託しています。Tier2サプライヤーとTier3サプライヤーは複雑化するプロセスの大部分を担う存在です。契約条件を満たすには、広範囲のエンジニアリングスキル (機械、電気、電子、システム) と複雑なプロセスへの対応が求められます。
  • 遵守すべき規制の増加: サプライヤーが遵守しなければならない規制の数も増え続けています。規制を遵守した部品 / アセンブリ / システムを設計、製造するだけでなく、それを文書で証明しなければなりません。罰則規定もあり、遵守できない企業には多額の罰金がのしかかります。小規模な企業では、こうした規制に詳しい専門家を多く雇うのが難しいため、大企業よりも大きなリスクになりかねません。
ご質問はありますか?