ジェネレーティブ・デザインと高度な複合材を活用して航空宇宙業界の製品設計を再考する

オンデマンド・ウェビナー | 60 分

航空宇宙企業の製品設計再考に役立つ新しい技術

Deloitteの発表した2018年の航空宇宙・防衛産業の見通しによると、航空旅客輸送は年平均4.7%で成長することが見込まれており、航空機製造の増加が予測されます。製造の増加にともなって、航空業界はサプライチェーンの強化や効果的なプログラム管理、最先端技術の採用といった重要な課題を考慮しなければなりません。航空機の排ガス規制はますます厳格化し、エンジニアは航空機部品の設計軽量化を強いられる一方で、開発サイクルは短縮し続けています。

このウェビナーは、航空宇宙企業が既存の製品デザインを見直す際にジェネレーティブ・デザインや高度な複合材設計/製造がいかに役立つかを紹介しています。新しい技術で次世代の製品を開発しましょう。