航空宇宙産業の製品実現プロセス全体でインテリジェント製造を可能にする方法

オンデマンド・ウェビナー | 45 分

仮想プランニング、シミュレーション、および生産の解析を、生産のデジタル・ツインを使って行う方法を学びましょう。このデジタル・ツインには、エンジニアリングと生産データのロバストなデジタル・スレッドから豊富な情報が取り込まれます。

航空機の翼の組み立て工程をインテリジェント製造でプランニング、シミュレーションすることで、現実に即した検証が可能
航空機の翼の組み立て工程をインテリジェント製造でプランニング、シミュレーションすることで、現実に即した検証が可能

航空宇宙 / 防衛業界では、航空機システムの複雑化が進んで入札が困難になる一方、顧客の優先事項は目まぐるしく変化しています。複合材やアディティブ・マニュファクチャリングなど、新たな技術を使った効率化の必要性は今後ますます高まります。さらに航空宇宙企業は、規制要件に対処し、設計と製造の作業を確実に文書化して追跡できるようにしなければなりません。

インテリジェント製造に関するこのウェビナーで学べる内容

設計と製造間の連携をより効率的に強化する方法をご紹介します。航空宇宙 / 防衛業界では、プログラム受注に向けた取り組みから、航空宇宙エンジニアリング、航空機製造に至るプログラム開発のすべての側面に製造エンジニアリングを取り込んだ、プロセス主導型のデジタル・スレッド手法が求められています。この手法を導入すれば、収益性と評価を高め、プログラムを成功に導く能力を手に入れることができます。

設計代替案を評価する初期段階から製造エンジニアリングを考慮すること、精度の高いプランニングで時間どおりにプロジェクトを開始すること、製造現場と効果的なコミュニケーションを取ること。このような機会はすべて、製造定義の取り込みを製品開発プロセスの初期段階に「シフトレフト」することから生まれます。

生産プロセスを計画、最適化、および検証し、3Dアニメーションによる電子作業指示書 (EWI) を作成し、製造現場の技術者の作業に拡張現実を活用し、PLM環境から製造現場のシステム (MES、ERP) へと重要な情報を共有し、製造現場からのフィードバックによりクローズド・ループ・マニュファクチャリングを実現することで、プロセスを絶え間なく改善できます。

 

航空宇宙産業での製品実現についてお話しするエキスパートをご紹介します。

Dale Tutt

航空宇宙 / 防衛業界担当バイスプレジデント, Siemens Digital Industries Software

Zvika Weissman

航空宇宙/ 防衛ソリューション担当ディレクター, Siemens Digital Industries Software

Realize LIVE and User2User | May 26, 2021 | Virtual

Realize LIVE + User2User – Registration Now Open!

Realize LIVE and User2User – Registration Now Open!

For the first time, the Realize LIVE and User2User (U2U) events are becoming one unified content-rich experience. In the company of your peers from across the Siemens Digital Industries Software portfolio, which now includes Siemens EDA, you’ll enjoy a wealth of training and education, inspiration and insight - keeping you on the leading edge of digital transformation.

ご質問はありますか?