航空宇宙向け電装システム開発の物理的側面を習得: インタラクティブなプラットフォーム設計フロー

オンデマンド・ウェビナー | 43 分

設計ライフサイクル: 回路図入力からハーネス製造までのワークブック

航空宇宙向け電装システム開発の物理的側面を網羅するインタラクティブなプラットフォーム設計アプローチ

航空宇宙プラットフォーム向けの電装システム開発は、機能コンテンツの増加と複雑化のためにかつてないほど難しくなってきました。LRU、内部配線、EWISを航空機プラットフォーム全体に正しく配置しなければならない設計者は悲喜こもごもです。電気コンテンツを実装する設計者は、電気システムを配置するプラットフォームの物理的な側面を詳しく知っていなければならず、そのためには電気システムの認証済みモデルであるデジタル・ツインにアクセスできなければなりません。

電装アーキテクチャーの評価・最適化に役立つカスタマイズ可能な指標を内蔵

こちらのウェビナーは、インタラクティブなプラットフォーム設計フローで電気システムを開発するにあたり不可欠な3つの側面について説明します。 このインタラクティブ設計フローであれば、航空機プラットフォーム全体を考慮して電気システムとハーネスを効果的に設計できます。回路図入力からICD作成、ハーネス製造用手順書の生成にいたる完全な設計ライフサイクルをご覧ください。

  • Correct by Construction (構築することで正しい結果が得られる) を実現し、あらゆる抽象度に対応したCapitalのデータ中心フロー
  • ネット配線作業などの自動化により、手作業の時間を削減
  • 複数設計領域間のデータの受け渡しとリアルタイム連携を実現するECAD-MCAD統合により、全体的な品質と設計効率を改善

学べる内容:

  • CapitalとMCADツール間の連携を通じて、プラットフォーム全体の配線パスを最適化するとともに実装を詳細化
  • 電気配線データとMCADデータをそのままハーネス / フォームボード設計に活用する方法とデータ同期段階の自動化と検証を通じてCorrect by Construction (構築することで正しい結果が得られる) を確保する方法
  • Capital Libraryを使用してモジュールの階層フットプリントを定義するなど、複数の抽象度をまたいだコネクタのモジュール型設計
  • 正しい製造データを確実に生成するためのワークブックをフォームボード設計データ、工場のワークステーション、オペレーション、タスク、リソースに基づいて作成する方法