Eclipseのビジネスジェットの空気力学をCFDと設計最適化で向上

オンデマンド・ウェビナー | 50 分

Simcenterを使用して航続距離と空気力学を改善する

EclipseビジネスジェットのCFD最適化

こちらのウェビナーでは、高忠実度の数値流体力学 (CFD) シミュレーションを活用して、次世代の超軽量ビジネスジェットの空気力学性能を向上させた事例を紹介します。デジタル戦略がいかにしてプログラムのパフォーマンスを高めたかを紹介するとともに、航行時の空気力学を向上しようとする多目的の設計領域探索で直面する複雑性について、シーメンスとEclipseが議論します。

このウェビナーの内容:

  • CFD揚力予測の精度を向上
  • Eclipseビジネスジェットの空気力学の設計
  • CFDで航続距離と空気力学を効率化
  • 空気力学の設計探索と最適化

シーメンスのエキスパートが空気力学設計の課題と手法を論じます。

  • Jason Borden氏 - Kestrel Aircraft Company 空気力学およびパフォーマンス 上級エンジニア
  • Aaron Godfrey - シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア 設計領域探索アプリケーション スペシャリスト
  • Durrell Rittenberg - シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア Simcenter STAR-CCM+ 航空宇宙防衛担当ディレクター
  • Chris Nelson - シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア 航空宇宙アプリケーション スペシャリスト

対象者:

  • 航空機の開発者
  • エンジニア、研究者、教育者
  • 航空宇宙専門家
  • 空気力学の担当者