本文へ移動

騒音レベルを予測する3つの検証済み空力-(振動)-音響シナリオ

オンデマンド・ウェビナー

空力騒音である風切り音、ファン騒音、HVAC騒音を解決する無駄のないFEモデルの優位性

自動車 (特にハイブリッド車や電気自動車) の客室内の全体的な騒音は、HVAC、冷却、風切り音の騒音が大部分を占めています。

このウェブセミナーでは、無駄のないFEモデルの利点を活用して、空力騒音を簡単に予測する方法を紹介します。このシミュレーションソリューションは、空力-音響および空力-振動-音響ソースの生成と伝播を解決する3種類のシナリオに対応しています。

  • 柔軟な構造モデルに適用する、外部流体励起の圧力荷重 (風切り音など)
  • HVACダクト部品内部の空力の圧力場
  • 冷却ファンや送風機のブレードにかかる空力圧力荷重

この空力-音響モデリング手法を使うと、静止/回転表面の、無駄のない表面圧力ベースのソース作成が可能です。ソースを作成するためにCFDソリューションから入力するデータは最小限で済みます。また、FEM構造ソルバーとFEM AO音響ソリューションを組み合わせて、音の伝搬におけるインストレーション効果を解析することもできます。

このウェブセミナーは、設計サイクルの初期段階に空力騒音を予測して対応したいと考える専門家やアナリストなど、すべての3D CAE/CFDユーザーを対象としています。

ご質問はありますか?