高速艇の設計のためのCFDモデリングと設計最適化

オンデマンド・ウェビナー | 46 分

高速で操縦性に優れ、効率的な高速艇を設計するためのシミュレーションソリューションをご紹介します。

高速艇の設計をシミュレーションでテストして船体抵抗と航跡効果を検証
高速艇の設計をシミュレーションでテストして船体抵抗と航跡効果を検証

このウェビナーでは、高度な船舶シミュレーションツールを使用して、平水中の抵抗曲線にとどまらない高度な解析が可能であることを説明します。操縦性と耐航性の時間依存の詳細なCFDシミュレーションを実行することで、設計精度を向上できます。高速艇の設計において高度な船舶シミュレーションを活用する方法について学べます。

高度な船舶シミュレーションを使った高速艇の性能検証

このウェビナーの内容

  • Simcenter STAR-CCM+を使用して海上抵抗や速度予測、動的沈下量やトリムといった性能特性を計算
  • パラメトリックモデルによる高度な船舶シミュレーションで波浪中の浮上性船体の性能を予測
  • Simcenter Amesimを使って動的推進モデルを取り入れ、船舶の操縦性を向上
  • クラウドベースのソリューションによってシミュレーションを加速し、設計を自動で最適化

設計最適化によって性能目標を迅速に達成

船舶の性能を向上させるには、船体設計、推進システム、エンジン性能の違いによる複合的な影響を考慮した統合的な設計アプローチが必要です。シーメンスの自動設計最適化ツールは、抵抗や最高速度、航跡など、定義された結果要件に基づいて、複数の船体形状を迅速に検証することができます。CADのパラメータ情報とCFDシミュレーションを緊密に統合することで、Design Managerを介してこのプロセスを自動で簡単に実行することができます。この方法により、検証できるデザインの幅が広がり、効率的な船舶設計につながります。クラウド上で実行することで、短いシミュレーション時間で迅速に結果を得ることができます。詳細はウェビナーでご覧いただけます。

効率的な船舶設計のためのシミュレーションの最新動向について専門家の話が聞ける

このウェビナーでは、シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアのMiles Wheelerが、Simcenter STAR-CCM+の高度な船舶シミュレーションツールを使った高速艇設計の最新技術を紹介します。