本文へ移動

自動エンジニアリングでデジタル・トランスフォーメーションの取り組みを始めよう

オンデマンド・ウェビナー | 36 分

新たな消費者需要と動向、世界的な競争の激化、かつてないほど求められるカスタマイズ。こうした新たな市場の要求に応える唯一の方法は、エンジニアリングを自動化してバリューチェーン全体をデジタル化し、明日の機械装置を今日作ることです。 デジタル・ツインを使用すると、わずかな手直しであろうと大幅な改変であろうと、デジタル環境で素早く簡単に、わずかなコストで完璧に確認、試験、シミュレーションすることができます。

製造工場で使用する自動エンジニアリング

機械装置の複雑性を管理し、顧客の需要を満たす高度機械装置エンジニアリング

このウェビナーでは、高度機械装置エンジニアリング、複数領域の連携、機械装置シミュレーション、制御された環境を通じて複雑性を管理する最良の方法を紹介します。

製品デジタル・ツインから製造デジタル・ツイン、そして性能デジタル・ツインに至る一連のデジタル・スレッドのアプローチによって、機械装置を継続的に監視、改良する方法を学ぶことができます。

この高度機械装置エンジニアリングのウェビナーでは、成熟期にある機械装置の開発で確実性を高めるデジタル・トランスフォーメーションを紹介

  • 機械装置を仮想で設計、エンジニアリング、コミッショニングする方法
  • 機械装置の設計、製造オペレーション、開発、メカトロニクス設計にイノベーションをもたらす方法
  • 複数の設計領域間の連携をデジタルで変革し、製造オペレーションの効率を高める方法

メカトロニクス設計プロセスのスピードと効率を改善

メカトロニクス設計の果たす役割を学びます。

  • 機械装置の運転シミュレーションにより、設計コンセプトを早期に検証
  • 最終設計段階まで顧客要件を追跡
  • 複数の設計領域を並行して進行させることで設計プロセスを加速

シーメンスの機械装置シミュレーションソリューションを使用する利点

機械装置を駆動するソフトウェアの数は増加の一途をたどっていることから、機械装置の仮想デジタル・ツインを使ってコードを実行し、シミュレーションすることができれば、時間とリソースを大幅に削減できます。PLCソフトウェアの妥当性評価は、全体的なモジュール型製品開発戦略に基づいて、管理された環境下で実行するマシン・シミュレーションを使用して行います。

Realize LIVE Europe | November 3-4, 2020 | Virtual

Realize LIVE Europe, registration now open

Realize LIVE Europe 2020 -  Register now to join Realize LIVE virtually

Don't miss your opportunity to participate in two days of engaging content, networking, and building those meaningful connections at the NEW Realize LIVE Europe virtual conference.



Enhance your knowledge and proficiency with the tools you have, learn from the thought leadership and customer stories that will help guide your organization's continued digital transformation.