本文へ移動

船舶の性能と安全を実現する高度な流体力学シミュレーション

オンデマンド・ウェビナー | 48 分

ロイドレジスター、高度な海洋アプリケーションでCFDを使用

船体最適化のための標準流体力学シミュレーション

CFDは、クリーンでファウリングのない船体形状を実現する流体力学シミュレーションツールとして普及しつつあります。一方で流体力学シミュレーションは、高度なアプリケーションで、船舶の性能と安全性を洞察するために使用することもできます。

このウェビナーでは、Simcenter STAR-CCM+を活用したロイドレジスターの最新の取り組みを紹介し、船舶最適化、洗浄水排出、損傷時復原性などのトピックを論じます。

ウェビナーを視聴して、検証を含む高度な流体力学シミュレーションの詳細と、Simcenter STAR-CCM+およびHEEDSを活用して顧客の要件に対応するロイドレジスターの事例を学びましょう。

学べる内容:

  • ロイドレジスターの船舶性能グループは、どのようにSimcenter STAR-CCM+を使用して高度な流体力学シミュレーションを行っているのか
  • 損傷時復原性、洗浄水排出、船舶最適化に関する最新の取り組み
  • CFDによる自動化と最適化で生産性が改善するしくみ
ご質問はありますか?