車両空気力学の最適化によりADASセンサーへの雨水の影響を低減

オンデマンド・ウェビナー | 52 分

過酷な動作条件でADASシステムの安全性と信頼性を確保

キーワードフレーズ
キーワードフレーズを含む7ワード

センサーは最新車両の目や耳となり、運転意思決定を行う先進運転支援システム (ADAS) が使用する情報を提供します。自動化された車両が、雨水や泥はね、鳥の糞の直撃などにより「視覚と聴覚が失われる」のを防ぐことがますます重要になっています。

このウェビナーでは、空力設計の一部に水や汚れの管理を含め、設計空間探索テクノロジーなど、現実的なシミュレーションを活用することで、OEMが、より安全なADASシステムの実現のために、センサーの汚れを低減する空力設計をどのように最適化できるかを中心に説明します。

主な内容:

  • 空力設計の一部に水 / 汚れの管理を含める方法
  • 現実的なシミュレーションアプローチにより、車両のパーツ設計を向上させてセンサーの汚れを低減する方法
  • ミラーの空力設計の最適化とADASセンサーの信頼性を設計空間探索により支援する方法