高速ADASセンサーと自動運転データ収集システムの試験と検証に関する課題を克服

オンデマンド・ウェビナー | 41 分

高速ADASセンサーのデータ収集に置ける課題に対処

自動車のトランクに収まるサイズのSimcenter SCAPTORは、高速ADASセンサーと自動運転のデータ収集が可能です。
高速ADASセンサーと自動運転データ収集システムの試験と検証に関する課題を克服

スマートモビリティには、安全で信頼できる高度な先進運転支援システム (ADAS) が必要です。運転支援システムの進化は、自動運転技術の急激な発展を後押ししています。半自動運転車または完全自動運転車からはいずれも大量のデータが生成され、複数のADASセンサーが路上の生データを収集しています。実際のデータを完全な形で収集することで、大量の運転シナリオと運転状況を捕捉し、再現できます。自動運転アルゴリズムのトレーニングと検証には大量のデータが欠かせません。

問題は、いかにして効率的にデータを収集、記録するかです。

このウェビナーを視聴すると、高速ADASセンサーと自動運転データ収集システムの試験と検証に関する課題をいかに克服し、効果的に対処するかを学ぶことができます。

高速ADASセンサーと自動運転データ収集システムの試験と検証に関する課題を克服  

学べる内容:

  • 正確なセンサーフュージョンが重要な理由とそれを実現する方法
  • 信頼できる確実な車内データ収集の技術的要件
  • テラバイト規模のデータを単一の車載装置で収集および記録する方法と、帯域幅とストレージの要件に応じて装置を拡張する方法
  • 生データの記録、可視化、再生の完全なツールチェーンを使用して、自動運転車を開発する方法

複数センサーを取り付けた運転自動化システムの開発を加速する方法を学ぶ

シーメンスは、Simcenter SCAPTORのハードウェアとソフトウェアを提供しています。Simcenterは、シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアによるソフトウェアとサービスの包括的で統合的なポートフォリオであるXceleratorの一部です。ADASシステムの正確な生データの記録に最適なSimcenter SCAPTORは、ADASと自動運転車の試験とシミュレーションのためのSimcenterポートフォリオに含まれるソリューションとして、レベル2の自動運転車の開発と未来の自動運転技術の実装を支援します。

自動運転のパフォーマンスエンジニアリングのためのSimcenterポートフォリオ

自動運転車の開発にあたっては、統合的なデータフローに基づくアジャイルなモデルベース開発手法が求められており、ソフトウェアを使用したシミュレーションを幅広く活用する必要があります。シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアは、IC設計から車両レベルの検証までのあらゆる主要技術領域を網羅した完全な自動運転車開発ソリューションを提供します。このウェビナーは、ADASセンサーと自動運転データ収集システムの試験と検証にとどまらず、自動運転車のパフォーマンスエンジニアリングに役立つSimcenterポートフォリオについても詳しく説明します。