本文へ移動
ウェビナーシリーズ

シミュレーションを使ったキャビンの熱管理戦略の評価

3部構成の第1部:電気自動車の熱管理戦略を迅速に評価し、システムシミュレーションによって乗員の快適性、航続距離、安全性といった属性のバランスをとる
暖房やエアコンのシステムのエネルギー管理は、燃費の改善とともに、バッテリーの熱管理および車室内の快適性にも中心的な役割を果たします。そのため、エンジニアは設計の初期段階で設計の選択を素早く検証し、関連する高度な熱管理戦略を策定しなければなりません。

>> 詳細を見て登録するには、ここをクリックしてください。 

3部構成の第2部:ツールに組み込まれたCFDを使って、詳細なキャビンをシステムシミュレーションモデルに統合し、高度なキャビンの熱管理戦略をテストする

キャビン内の条件をゾーン分けしたシミュレーションは、人工気候室試験よりもコスト効率がよい方法です。エンジニアは設計の選択肢が快適性や航続距離に与える影響を素早く評価でき、最終CADが作成されるよりも前に、高度なキャビンの熱管理戦略を策定できます。

>> 詳細を見て登録するには、ここをクリックしてください。

3部構成の第3部:3D CFDシミュレーションを使用して乗員の快適性およびHVAC / 車内コンポーネント性能を高忠実度で保証

システムシミュレーションを高忠実度3Dキャビンモデルにも適用することで、より詳細で予測的なシミュレーションが実現します。サーフェスを自動で作成したり、何百ものソリッドを組み込める機能を使って、アーキテクチャとエネルギー性能、さらには流体や温度分布を評価できることについてもお話しします。 

>> 詳細を見て登録するには、ここをクリックしてください。

3部構成のウェビナーシリーズを視聴する