本文へ移動
ホワイトペーパー

発生源-伝播-受信方式を使って電気自動車のNVH問題を回避

将来、自動運転車業界がCO2排出削減目標を達成する鍵の1つは、パワートレインの電動化です。電気自動車は内燃機関 (ICE) 自動車よりもかなり静かですが、電気自動車独特の騒音、振動、ハーシュネス (NVH) 問題があります。 

このホワイトペーパーでは、個々の問題を発生源-伝播-受信のコンポーネントに分割して複雑なNVH問題に対応する手法を紹介します。この手法を使用すると、終盤になってから設計問題が発見された場合にも、根本原因を特定して設計変更を実装できる可能性が高くなります。

次のポイントに焦点を当てたホワイトペーパーを無料でダウンロード:

  • 複雑なNVH問題を発生源-伝播-受信のコンポーネントに分割する方法
  • 車体の吸音処理や構造補強を大幅に減らす方法
  • 道路輸送車両の外部騒音の静かさと、交通弱者の安全の関係
電気自動車のランナップスペクトル

電気自動車のランナップスペクトル

EVとICEのノイズ応答を比較してスペクトルのターゲットを設定

EVとICEのノイズ応答を比較してスペクトルのターゲットを設定

ホワイトペーパーを無料でダウンロード