本文へ移動
記事:

自動運転車のシミュレーションベース検証/妥当性確認フレームワーク、Simcenter Prescan360の紹介

この記事では、Siemens Digital Industries Softwareの製品ラインマネージャー、Enguerrand Priouxが、シーメンスの新たな自動運転車の検証/妥当性確認フレームワークを紹介します。

前例のない自動運転車の開発が始まり、シミュレーションは、単にプロジェクトリソースを最適化する手段から、目的達成のための必須手段へと変化しています。自動運転システム搭載車 (Ego Vehicle、EV) の効率的なセンサー/コントローラー/AI/ビークルダイナミクスモデルに膨大な数のシナリオを組み合わせて、生成された数百万の結果をすべて解析しなくてもCAEエンジニアが結果を理解できるようにする必要があります。同時にこれを要件に基づいて実行し、共同の開発資産リポジトリに接続するようにしなければなりません。Siemens Digital Industries Softwareは今年、Simcenter Prescan360をリリースしました。この第一世代のADAS/ADシミュレーションフレームワークは、目標を達成するための道筋をつけます。

V&Vフレームワーク
検証/妥当性確認フレームワーク

記事「自動運転車の検証/妥当性確認フレームワーク」