本文へ移動
さらに抽象度の高い設計フローへ移行

複雑な自動運転車の設計を抽象化

モデルベースト・システムズ・エンジニアリング (MBSE) は、自動車イノベーションの主な原動力として、製品開発をソフトウェアへと大幅に移行させる手法であり、制御システムプロセス、電気システムプロセス、ハードウェア開発プロセスを統合します。

自動車企業のエンジニアリング部門は、MBSEをまだ完全には採用していないところが多く、ドキュメントベースの設計とモデルベースの設計が共存するハイブリッドな手法で作業しています。

シーメンスのMBSEのデジタル化手法は、複数分野にまたがる製品開発 (機械、電気、電子、制御、ソフトウェア) を統合し、コスト、品質、信頼性、製造可能性などの最適化の検討を支援します。エンジニアリング部門と組織全体でエンジニアリング・データ (システムの意図、動作、スコープを含む) を接続する、堅牢なデジタル・スレッドを構築します。これにより、製品定義から設計、生産、さらには市場に出てからの車両の性能まで追跡することができます。

詳細はシーメンスPLMソフトウェア、自動車業界担当ディレクター、Piyush Karkareによるホワイトペーパーを参照してください。

今すぐ読む

まだ登録されていません。

リクエストは送信されていません。もう一度やり直してください。

ありがとうございます!

ホワイトペーパー「自動運転車開発のためのモデルベースト・システムズ・エンジニアリング」のダウンロードに必要な登録が完了しました。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 有効な電話番号を入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。