本文へ移動
Video

機械メーカー向けのバーチャル・コミッショニングでプロトタイプは不要

機械の開発段階には、スケジュールどおり製造に移行することを阻むさまざまなリスクがあります。ではなぜ機械の検証作業を最終組立て段階まで待たなければならないのでしょうか。

バーチャル・コミッショニングによって、設計および開発の早期段階から機械の運転試験を実施できます。実際の機械を製造する前に、リスクなくWhat-ifシナリオをテストしながら、設計エラーの割合を削減し、セキュリティを検証できます。

実際の機械を試運転させるまでにかかる総所要時間は大幅に減り、物理プロトタイプの作成も不要になるため、機械を市場に出荷するまでの時間を大幅に削減します。


ダウンロード / 視聴用入力フォーム

申し訳ありません。

ページの送信でエラーが発生しました。もう一度やり直してください。

すぐにご連絡いたします。

その間のお問い合わせは、こちらのメールアドレス宛てにご連絡ください。uk.plm@siemens.com

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 有効な電話番号を入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。

この項目は必須です。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
ご質問はありますか?