本文へ移動
Webinar Series

シミュレーションと試験で車両エネルギー管理のエンジニアリング戦略を最適化

シーメンスのシミュレーションソリューションを使用すると、自動車のエネルギー管理性能を開発初期段階に正確に評価できます。


ウェビナーシリーズを見る

こちらもいかがですか。


車両熱管理の最良アーキテクチャーを定義

不足データ (エンジンマップ、熱交換器のパフォーマンスと気流速度) を簡単に構築して事前設計段階にリアルなモデルを取得し、データ提供前に熱系統の寸法や性能を予測します。

ウェビナーを見る

車両エネルギー消費を高精度にモデリング

シーメンスのシミュレーションツールであるSimcenter Amesimを使用してテスラModel Sの性能およびエネルギー消費をモデリングし (公開データを使用)、評価する方法を紹介します。

ウェビナーを見る

高速で効果的なサーマルソーク・シミュレーションの実現

あらゆる設計ニーズに対応するデジタル試作プロセスを作り上げます。こちらのウェビナーは、空気力学および熱管理のワークフローの例を紹介するとともに、アイドリング / ソーク・シミュレーションから長く複雑なドライブサイクルまでのプロセスを自動化することによって、厳しい運転条件下の熱保護を予測する手法を説明します。

ウェビナーを見る

最適な車両エネルギー管理のためのアーキテクチャーの適切なトレードオフを探る

試験とシミュレーションを統合したアプローチを使用することで、あらゆる性能属性を考慮してアーキテクチャーの適切なトレードオフを効率的に探り、車両エネルギー管理を向上させる方法を学びます。

ウェビナーを見る

ニューラルネットワークの威力とシステムエンジニアリングに与える影響を理解する

モデルベースのシステム開発専用プロセスが人工知能の活用をいかに支援し、メカトロニクスシステム開発プロセスを向上させるか学びます。

ウェビナーを見る

電気自動車の熱管理戦略の迅速な評価

設計早期段階にシステムシミュレーションを活用することで乗員の快適性、航続距離、安全性といったいくつもの属性のバランスを見極める方法、複数のコンポーネント径を検証してバッテリーの冷却と車室のプルダウンを確実に達成する方法を学びます。

ウェビナーを見る

車室内の先進的な熱管理戦略を試験

HVACシステムの消費電力と航続距離の影響を評価する際に高忠実度の車両熱管理モデルを使用するため、組み込みCFDのシステムシミュレーションモデルに詳細な車室モデルを統合する方法を学びます。

ウェビナーを見る

乗員快適性およびHVAC / 内装性能の高忠実度モデル

高忠実度の3D車室モデルをシステム・シミュレーションに含めることで、予測的なシミュレーションに活用する方法をシーメンスのエキスパートが紹介します。

ウェビナーを見る

ご質問はありますか?