ファクト・シート

電気自動車と自動運転車のE / Eシステムのジレンマを解決する

自動車メーカーとサプライヤーは、自動化、接続、電動化、共有モビリティなどのトレンドを実現する高度なテクノロジーを開発していますが、この過程で多くのジレンマに直面しています。例えば自動運転システムには、膨大な計算能力と大規模なセンサーアレイが必要ですが、これらはすべて、電気モーターに供給する電力を奪います。このジレンマの原因は、電力を消費するのも、データを収集して処理するのも、他の車載システムと通信するのも、すべて車載E / E (電気 / 電子) システムに依存している点にあります。

このホワイトペーパーでは、電気自動車と自動運転車のE / Eシステムの設計課題に焦点を当て、自動機能と仮想検証機能を活用してこれらの課題を解決する、マルチドメイン・アーキテクチャベースのE / Eエンジニアリング手法を紹介します。

ダウンロード / 視聴用入力フォーム

申し訳ありません。

ページの送信でエラーが発生しました。もう一度やり直してください。

ありがとうございます!

ホワイトペーパーをダウンロード

ホワイトペーパーのリクエストは正常に送信されました。

こちらの関連情報も、ぜひ、併せてご確認ください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 有効な電話番号を入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。

この項目は必須です。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。

自動車メーカーとサプライヤーは、自動化、接続、電動化、共有モビリティなどのトレンドを実現する高度なテクノロジーを開発していますが、この過程で多くのジレンマに直面しています。例えば自動運転システムには、膨大な計算能力と大規模なセンサーアレイが必要ですが、これらはすべて、電気モーターに供給する電力を奪います。このジレンマの原因は、電力を消費するのも、データを収集して処理するのも、他の車載システムと通信するのも、すべて車載E / E (電気 / 電子) システムに依存している点にあります。

このホワイトペーパーでは、電気自動車と自動運転車のE / Eシステムの設計課題に焦点を当て、自動機能と仮想検証機能を活用してこれらの課題を解決する、マルチドメイン・アーキテクチャベースのE / Eエンジニアリング手法を紹介します。