電子ブック

モデルベース・システム・エンジニアリング (MBSE) で今日の自動車産業と持続可能性の課題に対応

持続可能性とコネクティビティに対する今日の需要の高まりに対応することは、自動車産業では避けて通れません。

顧客も政府も、よりクリーンで環境に優しい自動車を求めています。しかし同時に、よりスマートでコネクティビティを駆使した自動車も求めています。

このような複雑な産業で成功するために、自動車メーカーは、これまで長い間当たり前とみなしていた自動車開発の知識や手法を変える必要があります。

ここで力を発揮するのが統合型モデルベース・システム・エンジニアリング手法です。この手法がチームを統合し、その統合を維持することで、毎回、スケジュールどおりに望ましい自動車を提供できるようになります。

ソフトウェアおよびシステムエンジニアリングについて詳細を学び、自動車産業の変革を促進しましょう。

シーメンスのモデルベース・システム・エンジニアリング (MBSE) で自動車開発の複雑さに対処

この電子ブックでCIMdataは、今日の自動車においてソフトウェアが最も重要な要素となるにつれて、自動車業界が直面するさまざまな課題について考察しています。これは、顧客や政府当局からの要求が高まった結果でもあります。最終的に、自動車メーカーがこれまでに開発してきた自動車よりはるかに複雑な車が求められています。自動車メーカーはどこで変革できるでしょうか? これらの課題に単に対処するだけでなく、競合他社よりも先に対処するにはどうすればいいでしょうか? そこで必要になるのが、こうした複雑な車両開発をサポートする統合型モデルベース・システム・エンジニアリング (MBSE) 手法です。

自動車産業における持続可能性を促進 - 政府規制への準拠

よりクリーンで環境に優しい自動車に対する消費者の需要の高まりを受けて、各地の政府機関は、自動車産業の持続可能性を向上するための法律や規制を制定しています。実際、13の国と31の地方政府は内燃機関を使った自動車の販売を段階的に終了させる計画をすでに発表しています。ノルウェーやフランス、イギリスでは、今後10~20年間でこれを実現させる計画を立てています。自動車メーカーは、このような大規模な業界の変化にどう対処すべきか、厳しい現実に直面しています。これに伴う複雑さを考えると、モデルベース・システム・エンジニアリング (MBSE) 手法が力を発揮するときです。

ダウンロード / 視聴用入力フォーム

申し訳ありません。

ページの送信でエラーが発生しました。もう一度やり直してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 有効な電話番号を入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。

この項目は必須です。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。

持続可能性とコネクティビティに対する今日の需要の高まりに対応することは、自動車産業では避けて通れません。

顧客も政府も、よりクリーンで環境に優しい自動車を求めています。しかし同時に、よりスマートでコネクティビティを駆使した自動車も求めています。

このような複雑な産業で成功するために、自動車メーカーは、これまで長い間当たり前とみなしていた自動車開発の知識や手法を変える必要があります。

ここで力を発揮するのが統合型モデルベース・システム・エンジニアリング手法です。この手法がチームを統合し、その統合を維持することで、毎回、スケジュールどおりに望ましい自動車を提供できるようになります。

ソフトウェアおよびシステムエンジニアリングについて詳細を学び、自動車産業の変革を促進しましょう。

シーメンスのモデルベース・システム・エンジニアリング (MBSE) で自動車開発の複雑さに対処

この電子ブックでCIMdataは、今日の自動車においてソフトウェアが最も重要な要素となるにつれて、自動車業界が直面するさまざまな課題について考察しています。これは、顧客や政府当局からの要求が高まった結果でもあります。最終的に、自動車メーカーがこれまでに開発してきた自動車よりはるかに複雑な車が求められています。自動車メーカーはどこで変革できるでしょうか? これらの課題に単に対処するだけでなく、競合他社よりも先に対処するにはどうすればいいでしょうか? そこで必要になるのが、こうした複雑な車両開発をサポートする統合型モデルベース・システム・エンジニアリング (MBSE) 手法です。

自動車産業における持続可能性を促進 - 政府規制への準拠

よりクリーンで環境に優しい自動車に対する消費者の需要の高まりを受けて、各地の政府機関は、自動車産業の持続可能性を向上するための法律や規制を制定しています。実際、13の国と31の地方政府は内燃機関を使った自動車の販売を段階的に終了させる計画をすでに発表しています。ノルウェーやフランス、イギリスでは、今後10~20年間でこれを実現させる計画を立てています。自動車メーカーは、このような大規模な業界の変化にどう対処すべきか、厳しい現実に直面しています。これに伴う複雑さを考えると、モデルベース・システム・エンジニアリング (MBSE) 手法が力を発揮するときです。