ビデオ

組み込みソフトウェア定義車両の安全性とサイバーセキュリティ

ソフトウェア定義車両への移行が加速する一方、依然として課題はあります。ソフトウェアの複雑化が予想を上回り、安全性とサイバーセキュリティに対する懸念が高まっているのです。これらの課題に対処するには、システム・エンジニアリングとE/Eアーキテクチャー主導開発を組み合わせた新しいアプローチが必要です。この機会を逃がすことなく、組み込みソフトウェアの導入を広げ、そこからさらなる収益を確保しましょう。そのためには、アーキテクチャからネットワークとソフトウェアの設計を進め、仮想検証を増やして組み込みソフトウェアの開発を加速するなど、新しい機能やソリューションの開発にコストを投下しなければなりません。その結果、ソフトウェアの品質は向上し、複雑さを制御しやすくなり、より多くのイノベーションを実現できるようになります。

ソフトウェア定義車両への移行が加速する一方、依然として課題はあります。ソフトウェアの複雑化が予想を上回り、安全性とサイバーセキュリティに対する懸念が高まっているのです。これらの課題に対処するには、システム・エンジニアリングとE/Eアーキテクチャー主導開発を組み合わせた新しいアプローチが必要です。この機会を逃がすことなく、組み込みソフトウェアの導入を広げ、そこからさらなる収益を確保しましょう。そのためには、アーキテクチャからネットワークとソフトウェアの設計を進め、仮想検証を増やして組み込みソフトウェアの開発を加速するなど、新しい機能やソリューションの開発にコストを投下しなければなりません。その結果、ソフトウェアの品質は向上し、複雑さを制御しやすくなり、より多くのイノベーションを実現できるようになります。