本文へ移動
Video

将来のモビリティの中心となるソフトウェア

自動車がハードウェア主体の機械からソフトウェア主体の電子機器へと変化するにつれ、自動車業界の競争ルールも書き換えられています。ソフトウェアは、自動運転車、コネクテッドカー、電気自動車、および共有モビリティサービスのメガトレンドを推進する重要な自動車のイノベーションを可能にします。2030年には、車載コンテンツの30%をソフトウェアが占めるようになるでしょう (マッキンゼーによる)。しかし、電子機器とソフトウェアの重要性が高まるにつれて、複雑さも急激に増し、ソフトウェア関連の重大な品質の問題を引き起こしていることは、最近の何百万という車両のリコールからも裏付けられています。

  • 2010年に生産された車両に搭載されていたコードは約1,000万行でしたが、2016年には約1億5,000万行に増えています (マッキンゼーによる)

  • 2017年: 米国市場では、3,200万台の車両に影響する436件のリコールがありました (Recall Masters社による)

  • 2018年: 米国市場では、4,700万台の車両 (Recall Masters社による) に影響する443件のリコールがあり、特にソフトウェアおよび電子機器のリコールが102件ありました。

  • 修理される車両の数は減少しており、2017年は39%、2018年は31%となっています (Recall Masters社による)。

  • 現在、米国では既に販売されたリコール対象の車両が7,600万台にのぼります (Recall Masters社による)。

組み込みソフトウェアを開発する自動車OEMおよびサプライヤーは、非常に信頼性が高くスケーラブルな車両アーキテクチャを実現し、安全性と信頼性を高めるすべてのタスクの調整を可能にする、組み込みソフトウェアアプリケーション開発用の統合型プラットフォームを必要としています。

この2分間のビデオでは、OEM / サプライヤーが直面する課題と、将来の安全で信頼性の高いモビリティエクスペリエンスを提供するために実装できるシーメンスのPolarionソリューションの詳細について説明します。


ありがとうございます!

この関連情報をダウンロードできます。

ご質問はありますか?