本文へ移動
ホワイトペーパー

スマート・マニュファクチャリング – 産業機械製造のデジタル・スレッドのアプローチ

産業機械製造部門は、スマート・マニュファクチャリングを生かした技術発展イノベーションの台頭を目の当たりにしています。コストの最適化と最高水準の品質とを両立するためには、最新の製造 / 組み立てオペレーションを検証および管理するという途方もない作業をに対応しなければなりません。

加工時には製造 / 生産プロセスの実行方法に関する追加のコンテンツ、センサー、フィードバックを入手し、これらの情報を製造デジタル・ツインに活用します。たとえば、高忠実度のデジタル・ツインに基づいてプロセスを設計、製造、クローズド・ループ化してトレーサービリティーを確保できるように、加工ツールを作成する段階で検査データプロセスを追加するなどします。次に重要な工程は、製品デジタル・ツインと機械デジタル・ツインの連携です。


ダウンロード / 視聴用入力フォーム

申し訳ありません。

ページの送信でエラーが発生しました。もう一度やり直してください。

ありがとうございます!

この関連情報をダウンロードできます。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 有効な電話番号を入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。

この項目は必須です。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。

産業機械の製造業 - プロセスと動向

産業機械の構想から製品加工、製造実行、耐用期間中の運用まで、製造プロセスのすべての段階にデジタル・ツインを適用できる包括的なソリューションが必要です。それにより、機械の設計・製造企業が価値の創出、コストの削減、納期の短縮を実現します。さらに、製造オペレーションと製造エンジニアリングの間を迅速にクローズド・ループ化します。

3Dプリント、デジタル・ツイン、スマート・マニュファクチャリング

この数年間、3Dプリント / アディティブ・マニュファクチャリングへの動きが進んでいます。加工という点では、アディティブ・マニュファクチャリングによってコンポーネントを統合することで、少ない部品コスト、高い信頼性と耐久性での機械設計につながります。

デジタル・ツインはここで大きな役割を果たします。一方、スマート・マニュファクチャリングにおけるデジタルル・ツインは、単なるアディティブ・マニュファクチャリングにとどまりません。産業機械組み立ての後処理加工プロセスと製造即応プロセスも含まれるため、投資価値のあるまったく新しい水準の機械を生み出します。デジタル・ツインには、設計部品や機械コンポーネントに加えて、電気部品、ソフトウェア、プログラマブルロジックコントローラー (PLC) を反映させる柔軟性と適合性が含まれています。複数領域を網羅した設計アプローチにデジタル・ツインを実装するには、それを正しく管理できるソフトウェアが不可欠です。