本文へ移動
E-book

コア設計のリバースエンジニアリング

Lifecycle Insightsの産業アナリストであるChad Jackson氏は最近上梓した電子書籍でコア設計にリバースエンジニアリングを取り入れる方法を考察しました。

「Integrating Reverse Engineering into Core Design」と題した電子書籍の中でJackson氏は、リバースエンジニアリングをまずCADソフトウェアで適用するべき理由を明らかにします。「製品やコンポーネントはときとして、構成がきちんと定義される前、または制御プラクティスが実装される前に開発されることがある」そして「有機的に形づくられる設計はまず物理的に開発され、それをデジタル定義に変換していく必要がある」と述べています。続けて、概念設計、詳細設計、試作品作成と試験の課程でリバースエンジニアリングをどのように取り入れていくかに説明します。CAD設計分野では、いずれの領域も似たような手順を踏みます。通常、対象をスキャンして、モデルをメッシュ形状で生成します。その後、エンジニアが設計を改良して、モデルを変換します。

Jackson氏はまた、リバースエンジニアリングにCADソフトウェアを活用するうえでのより大きな課題についても言及しています。通常、対象物をスキャンするときに形状をモデル化する長いプロセスを経ますが、その際、エンジニアが直接、モデルに手を加えることのできるタイミングがあります。モデルをさまざまな形式に変換していく過程で、ユーザーにとって扱いやすいモデルへと作り替えていきます。その過程では、データの双方向のやり取りが発生するため、エラーの起こる可能性があります。NXは、メッシュ形状をユーザー処理可能なモデルへと素早く簡単に変換する単一環境を提供することでこの問題を解決しました。コンバージェントモデリングとは、メッシュモデリングとファセットモデリングで使うNX独自の用語です。このモデリング手法により、スキャン済みデータやそのほかのメッシュ形状をエンジニアが直接操作できます。CADソフトウェアの功績は、リバースエンジニアリングのプロセスをユーザーにとって扱いやすくしたことと、これまでモデルの処理に費やしてきた多くの時間を削減したことです。これまで4週間かかっていた作業がものの数時間です。この新しい技術がもたらす時間短縮は、NXで初めて実現されました。

この電子書籍は無料です。どなたでもダウンロードできます。


ダウンロード / 視聴用入力フォーム

申し訳ありません。

ページの送信でエラーが発生しました。もう一度やり直してください。

Success! Enjoy your new learnings

Make an impact!

First time signing up for Siemens Digital Industries Software emails? Please be sure to confirm your opt-in with the email you'll receive shortly.

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 有効な電話番号を入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。

この項目は必須です。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。

Make an impact!

First time signing up for Siemens Digital Industries Software emails? Please be sure to confirm your opt-in with the email you'll receive shortly.