本文へ移動
ホワイトペーパー

電気システム設計の見直し

自動車、航空宇宙、重機業界では、電気システムの複雑化が急速に進んでいます。次世代製品に求められる高度な機能を幅広くサポートするには、複数のネットワーク、何千ものセンサーやアクチュエーター、何マイルもの配線、何万ものディスクリート部品が必要です。こうした革新的な製品の市場投入に必要なエンジニアリング効率、卓越性、スピードを実現するには、コラボレーションを促進し、プロセスを自動化し、ロバストなトレーサビリティを備える手法が必要です。


ダウンロード / 視聴用入力フォーム

申し訳ありません。

ページの送信でエラーが発生しました。もう一度やり直してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 有効な電話番号を入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。

この項目は必須です。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。

ジェネレーティブデザイン: モデルベース手法の中心

最新の乗用車から高度な産業機械にいたるまで、今や5,000本近くのワイヤハーネスで構成される電気システムの複雑さは、産業全体で転換点に達しています。これらの機械の電気システムには、複数のネットワーク、何千ものセンサーやアクチュエーター、何マイルもの配線、何万ものディスクリート部品が含まれます。こうした複雑なシステムを設計するだけでも非常に困難ですが、それだけでなく、システム要件が製造や保守運用プロセスにどのように取り込まれるかを理解できなくてもいけません。

次世代の製品を製造するには、完全なトレーサビリティに対応して自動化を取り入れ、電気領域間の境界をなくす最新の手法が必要です。このホワイトペーパーでは、高度なエンジニアリングソフトウェアで実現するモデルベース手法で、こうした機能を提供し、次世代製品の開発を強化する方法を説明します。