本文へ移動
ホワイトペーパー

数値流体力学 (CFD) シミュレーションを通じて、原子力発電所の安全性と信頼性を向上

このホワイトペーパーは、数値流体力学 (CFD) が原子力発電所の安全性と信頼性の向上にどう役立つかを説明します。


ダウンロード / 視聴用入力フォーム

申し訳ありません。

ページの送信でエラーが発生しました。もう一度やり直してください。

ありがとうございます!

この関連情報をダウンロードできます。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 有効な電話番号を入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。

この項目は必須です。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。

平均的な原子力発電所には10キロメートルの配管工事が必要だと言われています。反射炉と使用済み燃料プールに冷却水を供給する配管もあれば、タービンに蒸気を送る配管、非常用ディーゼル発電機にガス燃料や潤滑油を送る配管もあります。米国の原子力発電所の配管安全性審査では、36年間で4000超の不具合が発見されましたが、そのうちの2247件は配管漏れが発生して初めて明らかになったものです。このような不具合が発生すると、大規模な停電、工場の機器の損傷、放射水の漏れが発生するほか、作業員の生命に関わることすらあります。

このホワイトペーパーは、原子力発電所の機器と配管の信頼性を高め、配管破裂時の超音速蒸気ジェット現象を理解するために数値流体力学 (CFD) をどう活用するかを説明します。