本文へ移動
ホワイトペーパー

モデルベースのワイヤーハーネス製造

最新の自動車やトラックにはかつてないほど多くの高性能電気 / 電子機能が実装されています。このことが新機能を実現するワイヤー・ハーネスに大きな負担を強いています。ワイヤー・ハーネスの複雑化につれ、手動でデータをやり取りし、専門的なナレッジを収集できない従来のハーネス製造手法では追いつかなくなってきました。

モデルベースのワイヤー・ハーネス製造フローであれば、データ交換を自動化し、設計ルールという形でナレッジを収集できます。ハーネスメーカーにとっては、ハーネス品質と効率性の向上を得られます。


ダウンロード / 視聴用入力フォーム

申し訳ありません。

ページの送信でエラーが発生しました。もう一度やり直してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 有効な電話番号を入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。

この項目は必須です。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。

変化し続けるワイヤー・ハーネス製造業界で成功を収める

ハーネスメーカーが課題が山積する環境を勝ち抜くためには、製造手法を大幅に刷新しなければなりません。デジタライゼーションは変化の激しい業界で成功を収める手段となる可能性があり、ここに大きな活路があります。モデルベースのデジタルフローは、設計と製造の分断を無くすとともに、統合型の設計ルールを通じて経験あるエンジニアの持つ専門ナレッジを蓄積します。進化する業界のニーズに応えるため、ワイヤー・ハーネス・メーカーがデジタルエンタープライズとして生まれ変わるときがきました。

ご質問はありますか?