本文へ移動
関連情報

農場から食卓まで、これまでにない透明性を確保

規制が強化され、新製品の競争が激化し、消費者が透明化を求める食品飲料業界では、IoT (モノのインターネット)を活用することで大きな恩恵が受けられます。例えば、複数のソースから取得したリアルタイムおよび過去のデータを分析することで、問題が製造に影響を及ぼす前に、問題を予測して対策を講じるだけでなく、フィードバック・ループを短縮して新商品開発を加速できます。食品汚染の問題だけでも企業は年間平均1000万ドルのコストを負担している状況にあり、IoTを活用するメリットは製造分野にとどまらず、食品の生産、加工、包装、出荷の方法まで変革させるでしょう。

クラウドベースのオープンなIoTオペレーティングシステムであるMindSphereを使用すると、製品、プラント、システム、マシンをデジタル世界にすばやく安全に接続して、データを理解できるようになります。MindSphereは、企業内のすべてのマシンおよびシステムから収集した豊富なデータを解明することで、このデータを生産的なビジネス成果へと生まれ変わらせ、エンドツーエンドの可視化をもたらします。


ダウンロード / 視聴用入力フォーム

申し訳ありません。

ページの送信でエラーが発生しました。もう一度やり直してください。

ありがとうございます。送信が完了しました。

この関連情報をダウンロードできます。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 有効な電話番号を入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。

この項目は必須です。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。